gallery 2013~2014


013_465

つきよみの

伊勢・内宮の宇治橋に満月が昇りました。

つきよみさまが静かに語りはじめました。

013_456

あまてらしますにぎみたま

伊勢・内宮の正宮。

「よくまいられましたね」と、

うすぎぬがフワリと迎えて下さいました。

013_455

あまてらしますあらみたま

伊勢の内宮に「荒祭宮」という別宮があります。

現世のお願い事は荒祭りの宮だって・・・と、

近くでガイドブックを読む声が聞こえました。

おもわず深く深く、お祈りしてしまいました。


014_482

せんげんのひめ

富士の周りには浅間神社がいくつもあります。

木花咲耶姫さまをお祭りしいてます。

火の神さま、水の神さまです。

緋色の衣のような光りが迎えて下さいました。

012_445

曙光に浮かぶ月

奈良の橿原神宮に早朝参拝しました。

参道を鳥居に向かって進むと、正面に沈み行く月が。

ちょうどその時、背中に朝日が差しました。

振り向くと三輪山から太陽が昇るところでした。

秋のはじまる頃のことです。



013_458

霊峰さくや

013_467

ひのみち みずのみち


013_469

風神雷神


013_449

青い炎-いのちのはな

013_466 

水の星

013_450

赤いsphere-いのちのはな


013_452

Christ 2013

012_446

Polar Gate-北極星

013_451

Maria 2013

Polar Gate-北極星

ひそひそ…ひそひそ…夜空を埋め尽くす何億もの星たちのささやき。

私たちはこのささやきをずっと遠い昔から聞いてきた。

このささやきは、私たちの心のささやきかもしれないね。

喜びも悲しみも、いつかそのささやきはきらめきに変わり、

星々のささやきと響き合い、夜空を埋め尽くしてきた。

きらきら…きらきら…きらきら…。

そして私たちは、そのきらきらの中に浮かんでいるのですね。

何億もの星々のきらめきの中に、ポッカリと浮かんでいる私たち。


013_453

もりのこかげで

014_484

この道は

014_485

花芯


014_486

雨上がりの・・・

013_468

銀河からお届け物

013_470

空へ


013_454

Venusの誕生


013_475

トーラス


014_487

金の羽根


014_483

kodou

この絵は最初にイメージがあって、絵にして、そしてタイトル・・・という順序でした。ほの暗い向こうに光っているところがあって、その後がなかなか出てこなくて描けなかったのだけど、5月になって、そこに赤いイメージが来ました。

 それは描いてみて、この春にゲットした手のひらにちょうど乗るくらいのカーネリアンにもちょっと似ていて、それは内臓のようなカーネリアンです。ドクンドクンと「kodou」しているようなカーネリアン。宇宙の底に命が息づいているみたいな。

2014.5.12

014_480

喜びも 悲しみも

2015年の始まりから遡ること約1年、2014年の始めに描いた1枚です。

喜びの光りのつぶだけでイッパイにしておこうとしていたこの器を、もうちょっと大きく拡げて、悲しみ、寂しさ、憤り・・・なんかも、そんなクシュクシュしたつぶも一緒に入れておけばいいんだな・・・って、思えた。

ゆっくり、ゆっくり時が過ぎて、つぶつぶもクシュクシュも・・・、違う色合いに・・・。  

2014.1.11