gallery 2016 ~ 2017


gallery 2016


016_532

心に映る月

冬の月はやはり美しいね。

016_531     白い朝

白い朝に陽が昇る。

空っぽにして、大きく吸い込む。

冷たい息と暖かい息が、私の中で出会う。

016_545

ここに咲く 花こころに咲く花


016_529        たぎり

夜の眼前につづく光景を描いてみた。

オレンジの街路灯に照らされて、暗闇の中に浮かび上がる道路。「たぎり」とタイトルにした。

多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)のことを思ったから。(宗像三女神のおひとり、航海の女神さまです。)

霧の向こうにこの見え隠れするお姫様が結構好き。

暗闇の中でも、道を照らし指し示す光り、今は暗くともどこかへつづく。


016_541

流れに・・・

016_543

旅立ち

016_544

月の扉

016_542

White Lotus

月の扉

目の前にはいつも、いくつもドアがある。

手をかけて、バンバン開けてしまえるときもあれば、

どの扉にすればいいか、迷ってしまうときも・・・。

ノブに手を伸ばすことも出来ないときもある。

この扉をくぐり、そしてまた目の前には次の扉が。

また次の選択をして、そして一歩一歩この人生を歩いていくのだろう。

White Lotus

冬の朝、新月前の細い細い三日月を見つけました。

その時、心の中に白い蓮の花が浮かびました。

ピンと上を向いて、平安の輪を静かに静かに広げていく・・・。

早朝の白い空気の中に立っている姿。

真冬に咲いた『White Lotus』


016_533

rainbow-peace

016_536

rainbow-love

016_534

rainbow-hope

rainbow peace


平安を祈る。

・・・・・・・

世界の平安を祈る。

国の平安を祈る。

町の平安を祈る。

仲間の平安を祈る。

家族の平安を祈る。

・・・・・・・・

私の平安を祈る。

やはりそこが初め。

・・・・・・・・

私の平安から虹の架け橋が世界へ。

明日への扉_w


光りはそこにある。導いてくれる。

光りはここにある。この内側にある。

それは愛で出来ている。

外にある光りを見て、内側の光りを思い出しているのだ。

太陽の光り。月の光り。

ろうそくの光り。暮らしを彩ってくれるLEDの光り。

銀河の彼方から来る、微かな光り。

その光りは最初からこの内側にある光りなんだ。

目で見て、肌で感じて、香りをすって・・・。

この内側の光りを思い出しているのだ。

それは愛で出来ている。

016_535  明日への扉


016_553

花ひらく金星

こちらは春の色合いに。

地上の花々に、いかに星のエネルギーが降り注いでいるのかが分かりますね。

016_551

女神と私たちのダンス

金星と地球の宇宙での出会い。

地球で8年、金星の13年・・・2920日を毎日つないでみました。

宇宙の中にまさに花が咲いているよう!

016_552

金星のめぐみ

色合いを変えたもの。

実りの季節の色にしてみました。


016_546

いのちのはな-はじまりのとき

Flower of Life

宇宙の基本のエネルギー

016_547

シュリー・ヤントラ

美と繁栄の女神

ラクシュミ-吉祥天のエネルギ-

016_549

Yin-Yang

おなじみの陰陽のマーク。

私なりに描いてみました。


016_554

うみのこえ 

016_555

もりのこえ

016_556

こころのこえ

016_557

そらのこえ


016_558

emotion_1

016_559

emotion_2

016_560

emotion_3

016_561

emotion_4

016_562

emotion_5


016_563 こがねいろのとき

0165_565 霜月

016_564 ひかりのくに


016_566 intention-意図

『intention』-意図

この龍は、私の胸の深いところから飛び出してきたのだけど・・・、

どうしてか「タイトル」がなかなか浮かばなかった。

この深紅の珠は?なんだろう?

胸の深く、腹の奥から飛び出してきたのは確かなんだけど、

それは何の珠?

やっと降ってきたのは“意図”。

もう一度、新しい人生を生きていく今。

私に必要だった杖。

思い出せてよかった。




gallery 2017


017_569

Re-birth

何度でも、何度でも

新しい人生を

生きよう!

017_575

Courage

017_572

Birth

017_577

月のささやき


017_574 雲間から

017_573 春宵

017_578 星のうた


『つきのささやき』

耳を澄ませて

木の間を洩れさす月の光り。水面(みなも)を透り、深く深く水底に。静かに差す、深く差す月の光り。

水底の澱を浮かび上がらせていく。

ささやきが、ざわめきが、沈め込んでいたものが。静かに浮かび上がってくる。

その声に、耳を澄ませてみて。

どんな声が聞こえてくる?       静かに耳を澄ませてみて。

017_568

はるのこえ

017_570

つきのこえ

017_577

つきのささやき

017_576

光明


四神と麒麟

016_566 intention-意図

打ち破りたかった。

自分を、現状を、何かを打ち破りたかった。

逃げるのではなく、何か意図を持って、次へ進みたかった。

魂の奥の隠すことの出来ない、赤い玉を持ち飛昇する龍。『intention』

017_580

朱雀-rebirth

誕生を信じ、炎の中から飛び立つ鳥。

ゲートを前にして再生の力を翼に込め、未来に眼差しを向ける。『朱雀』 

017_581

白虎

 泰然と「豊穣はここに約束されているのだから・・・。」と。

静かに炎を秘めた目で見つめる。『白虎』 

017_582

玄武

永遠の過去と、永遠の未来を今に結び付ける。『玄武』

懐かしい銀河が遠くに瞬いている。

017_583

麒麟

今ここ-この中心を司っている。『麒麟』

大地に立ち。青空を仰ぎ。

あれもこれも、それもどれも融合させていく力を今ここに持つ。